英語のスピーキングを上達する方法(まとめ)

英語

英語のスピーキングを上達するには、日々の努力しかありません。よく考えてみてください。日本語も生まれた時から学び続けています。日本語と全く似ていない英語を身につけるには、毎日英語に触れるしかありません。

日本にいると、英語に触れる機会が少ない方がほとんどだと思うので、英語のスピーキングはイマイチ伸びないと思う人がほとんどだと思います。

YukaChin
YukaChin

実際、日本でビジネス英語を使用しているほとんどの方はあまり英語がしゃべれませんが、あくまでも「ビジネス」なので、他の国の方は頑張って聞いている、、、というのが実情です。(共通の話題なので、なんとなく理解できるというのもあります。)

これから話すことは以下の方にオススメです。

  • スピーキングを上達したいけど、なかなか上達しない。
  • 何をすればいいかわからない。
  • よく使えるフレーズを効率よく学びたい。
  • 英語でスムーズに返答出来るようになりたい。

1. 耳から英語に慣れよう

なぜ、あなたは日本語が話せますか。それは生まれた時からたくさんの日本語を自然に聞いてきたからです。たくさんの日本語を聞いて話す練習をして今に至るわけです。

英語も同じです。話せるようになるまではたくさん英語を聴かなければなりません。

たくさん英語を聴くなら、海外映画やドラマラジオなどがオススメです。イヤホンで歩いている時、電車に乗っている時など常に聴くようにしましょう。

2. 発音の練習をしよう

きちんとした英語の発音の基礎を知らないと伝わる英語が話せません。なぜなら、日本語と英語は全く音が異なるんです。

YukaChin
YukaChin

実際留学中、日本語にはカタカナがあるので、英語っぽいから英語っぽく発音しようとしても全然通じないという結果になっていまいました。

10代の人は、英語を聴くだけで英語の発音がわかるかもしれませんが、20代以降になると英語の発音を手に入れるのはより難しくなってきます。

私は、30代になってから本格的に英語の発音を学び出したので、本当に苦戦しました。今も勉強中です。

3. 話せるスピードを早めて練習しよう

ゆっくりで話すと、ネイティブは幼児と話しているような感覚になってしまいます。普段話す時には、ナチュラルなスピードで話す必要が出てきます。洋画でネイティブが話しているスピードくらいに近づけるように練習しましょう。

発音練習とスピードの練習のおすすめ

こちらのサイトはさまざまなジャンルが英語で聴くことが出来ます。無料で見れるコンテンツがいくつかありますので、チェックしてみてください。

英語の速度も自分で変えたり出来るので英語のスピードの練習にはおすすめです。最初は1.2倍速で聞いてみてください。慣れたら1倍が遅く感じます。

4. 英文を見ないで練習しよう

話す時は、英文なんか見ないで話すのが普通です。頭の中でとっさに英文が出てくるレベルまであなたの頭の中でいろいろな英文をストックしておく必要があります。

日本語と英語は文法も全く異なるので、日本語→英語にするとかなりの時間がかかってしまいます。

独り言で英語を何度も言う練習しよう

英語をナチュラルで話す練習と英文のストックを頭に増やすには、何度も英語を話す機会が必要です。日本にいては、常に英語をしゃべる環境を作るのは難しいですよね。そこで必要なのが、独り言でスピーキングを強化する方法です。

YukaChin
YukaChin

外国に住んでいる私でも、よく独り言で英語を練習したりしています。英語のアウトプットはインプットをしたら必ずやるようにしましょう。

よく言う言い回しを自分の口から出るように練習すれば、スラッと会話が出来てしまうんです。これ本当です。

実際にネイティブと話してみる

自分の英語力を確かめる一番実践的なのが、外国人と英語で話すこと。これをすれば、自分の英語力のレベルが一目瞭然。

Meet upなどで外国人との集まりに参加することも大事ですが、定期的なアウトプット練習が必要です。

それには、今多くの方が参加しているオンライン英会話をオススメします。

  • ✅ オンラインのため、空き時間を利用できる。(移動時間などがない)
  • ✅ 受講できる時間が長いので、朝早くから夜遅くまでの時間帯を選べる。
  • ✅ 教室に通うより断然費用が安い!

8段階のレベル分けで習熟度に応じたレッスン!
【ジオスオンライン】

まとめ

英語を学ぶには地道な努力が必要です。ですので、いやいややらずに楽しいと思える英語の習得方法、ツールが見つかるとかなり早く英語を習得出来ます。人間って楽しいと思えることはたくさんやるし、脳にも吸収がいいんですよね。

タイトルとURLをコピーしました