国際結婚 カナダ人と結婚する方法

国際結婚

カナダ人と結婚するには、まずカナダで結婚するのか、日本で結婚するのか決めなければなりません。

カナダで結婚する場合

カナダの婚姻制度は州によって異なります。

ここでは、一般的な婚姻手続きについて紹介しています。

結婚許可証(Marriage Licence)の申請

結婚式の最低3日前までに申請用紙に記入署名し、Marriage License Issuers’ Officeに申請します。「Marriage License issues’ Office 自分の州」でgoogleで検索出来ます。

結婚当事者2人で出向く場合は問題ありませんが、どちらか一方の場合でも二人分の以下の書類を持参する必要があります。※代理人不可。

  • 出生証明書
  • 移民フォーム
  • PRカード
  • 市民カード
  • パスポートやDriver’s license

また離婚歴のある人は離婚証明も必要となります。

申請料は$100です。婚姻許可証の有効期間は通常3ケ月、有効期間内に婚姻する必要があります。

結婚式を挙げる

カナダでの結婚式は教会の他、市役所でも挙げることができます。

市役所の場合は宣誓を行い約15分で終了、立会人2人の署名が必要で費用は$150程です。

またその他の場所で婚式する場合は、公証人の立会い(Marriage Commissioner)と2人の証人が必要です。

Marriage Commissioner は$78.75/hです。公証人は、各州のホームページから探すことが出来ます。

一生で一番輝く日にしたい『ブライダルエステ』エルセーヌ

結婚式の写真を撮る

原則として、移民申請時に婚式の写真が必要です。

結婚証明書(Marriage Certificate)の申請

結婚許可書に婚姻執行者のサインをもらい市役所に提出すると、結婚証明書が発行されます。

教会で婚式した場合:牧師か神父が署名してくれます。

市役所で婚式した場合:判事が署名してくれます。

婚姻届を日本大使館・領事館に提出

必要書類

日本人は戸籍謄本と結婚証明書のコピー、外国人は出生証明書またはパスポート。


日本で結婚する場合

  1. 在日本カナダ大使館で宣誓供述書を入手する。(事前予約が必要です。パスポートと出生証明書を持参することを忘れないでください。)
  2. それを持ち、日本の市役所で婚姻届を提出します。(市町村によって手順などが異なりますので、提出する役所にお問い合わせください)
  3. 婚姻手続き完了。書類が受理されるのには通常10日前後かかります。カナダに報告届け出は必要ありません。

まとめ

私がカナダ人と結婚する時は、以上のことを比較し、圧倒的 簡単でお金もかからない日本で入籍しました。カナダ大使館へのアポイントも前日emailアポイントでなんとか間に合いました。(お勧めしませんが、、、)

私は、結婚式を挙げなかったので日本での入籍を選びましたが、自分に合った方法で婚姻出来ることを願っております。

一生で一番輝く日にしたい『ブライダルエステ』エルセーヌ


タイトルとURLをコピーしました