健康な身体を手に入れるためにアーユルヴェーダを知ろう

美容・ケア

あなたは、アーユルヴェーダと聞いてイメージするものは何ですか?インドですか?マッサージですか? 実は、アーユルヴェーダは世界三大医学の一つで、インド・スリランカで生まれた5000年以上の歴史をもつ世界最古の伝統医学であります。とっても奥が深く現代医学とはかなり異なり、予防に焦点を当てている今世界で注目されている治療方方法です。

YukaChin
YukaChin

この記事は、全米ヨガアライアンス200を取得しているYukaChinが解説しています。

アーユルヴェーダとは?

Ayurvedaとは、

Ayur (Ayus)=生命、寿命

Veda=科学

伝統医学のなかで、もっとも歴史が古く、ユナニ医学やチベット医学、中医学など他の伝統医学にも影響を与えたと言われます。

日本では、アーユルヴェーダは、リラクゼーションの印象が強くなっていますが、本場インドでは専門医師がいるほどです。アーユルヴェーダ医師(BAMS)は、アーユルヴェーダだけでなく現代医学の知識ももちろんあります。

アーユルヴェーダの治療では、植物、動物、鉱物などの自然なものを使用し、アーユルヴェーダの医師は、それらを使用し、マッサージ技術などを身につけています。

西洋医学とアーユルヴェーダの違い

西洋医学・・・病気の症状が出てから治療する

アーユルヴェーダ・・・①予防医学、②健康・長寿・若さを保つことが目的、③食事法、健康法(ヨガ・瞑想)などの日常生活に関わる生命そのものまでみる医学

ドーシャとは?

アーユルヴェーダでは、自然のエネルギーから身体が構成されていると考えられていて、そのエネルギーをドーシャと呼びます。

ドーシャとは、不純なもの、病素という意味があり、私たちの身体に起こるさまざまな現象や体調の変化に関係しています。

ポイント

アーユルヴェーダでは、健康とは、ドーシャがバランスの取れていることを言います。

自分のアーユルヴェーダのドーシャ体質を知る

あなたのドーシャを知るにはこちらから。

ドーシャには3つの種類があります。この3つのバランスが取れていることが重要です。どれか1つのみかなり強いという方はほとんどいません。

アーユルヴェーダのドーシャ体質は3つ

私たちの身体のドーシャとは、「ヴァータ(風)・ピッタ(火)・カパ(水)」の3つのエネルギーです。この3つのバランスが取れている状態が良い状態なのですが、それは季節による体調の変化、心身の状態、個人の性質によって差が出てきます。

ヴァータ:風

動きのエネルギー

ヴァータタイプはこんな人

痩せ型

胸が狭く、背が極端に高いか低い

筋肉が薄く血管や関節が浮いている

関節がボキボキなる

髪は少なく乾燥し、肌も乾燥しやすい

唇などヒビが割れやすい

目が乾きやすい

肌が肌黒い

活動的で歌や芸術に興味が高い

好奇心旺盛

交友関係が変わる

おしゃべり

自制心の欠如

創造的

おしゃべりや歩くのが早いが疲れやすい

不安になりやすい

冷たい食べ物を嫌がる

甘い、酸っぱい、塩味、辛い食べ物を好む

食欲にむらがある

ピッタ:火

変換のエネルギー

ピッタタイプの人はこんな人

中肉中背でスマート

筋肉と関節の見分けがはっきりしない

顔や手足などが赤みがかかっている

体温が高めで髪が細く若白髪がある

目に茶色の斑点があったり赤くなりやすい

ほくろ、しみ、そばかすがある

食欲旺盛で空腹に耐えられない

消化力が高い

冷たい食べ物や甘いもの、苦味、渋みを好む

日光や熱、重労働に弱い

綺麗なもの、良い匂いを好む

理解力がよく知的

情熱家で勇敢、野性家でリーダー気質

イライラしやすい

富、名誉、権力を好む

気が短く嫉妬深いが、必要ならば敵も助ける

高い目標を持っている

カパ:水

安定のエネルギー

カパタイプはこんな人

筋肉質で体型がよく、胸やおでこが広く厚い

皮膚も厚く筋肉も発達しているので、じん帯や静脈がはっきりしない

皮膚はしっとりして色白、顔色がいい。

毛髪は太く濃いが、柔らかくてくせがある

白目がはっきりしていて目が大きい

太りやすい

暑さに強い

優しい安定した口調

徳高く献身的、忍耐強く寛容

真面目で一度決めたらゆるがない

口数が少ない

心に気持ちを秘める

よく働き、あまり泣かない

食欲は安定していて、消化力は比較的ゆっくりで量は多くない

辛いもの、苦味、渋みを好む

体力があり、健康で平穏、幸福

あなたのドーシャを知るにはこちらから。

まとめ:アーユルヴェーダのトリドーシャ

すべてのものを構成している5大元素(空、風、火、水、地)をもとにした3つのドーシャと呼ばれる生命エネルギーによって、宇宙や自然、人間などのあらゆるものは支配されていると考えます。

アーユルヴェーダの1日のリズム

ドーシャによって活動時間帯が異なります。アーユルヴェーダ式の1日の流れをご紹介していきます。

10時から2時・・・ピッタ

2時から6時・・・ヴァータ

6時から10時・・・カパ

朝の時間帯:ピッタ

  • 朝早く起きて、朝日を浴びる
  • トイレに行く
  • 歯磨き、舌磨きをする
  • 水を飲む
  • 鼻にオイルを入れる
  • オイルマッサージをする
  • 瞑想やヨガ、勉強をする
ポイント

朝の時間帯はヴァータが活発に動く時間帯なので、早起きしてバタバタ動くと余計にヴェータが増えてしまうので要注意!

昼の時間帯:ヴァータ

  • 季節にあった十分な量の昼食をとる
  • 昼食後少し休憩をとる
  • 昼寝はしない
  • 仕事や勉強をする
  • 夕食前にヨガや瞑想をする

夜の時間帯:カパ

  • 早めに軽い夕食をとる
  • 食後、10から15分くらいの軽い散歩をする
  • ゆっくりとリラックスして過ごす
  • なるべく11時くらいまでには寝る
まとめ:アーユルヴェーダの1日のリズム

ヴァータの時間に起き、ピッタの時間にしっかりと食べ、カパの時間にゆっくりと休むことが大切です。自分の生活に合わせたアーユルヴェータ式の生活を取り入れ健康生活を手に入れましょう!

まとめ:アーユルヴェーダでのあなたの体質

あなたのトリドーシャのバランスがわかりましたか。ヴァータが強めですか、カパですか、ピッタですか。自分のアーユルヴェーダの体質に合わせて生活していくと、自然に健康な生活をおくれるようになります。この章では、アーユルヴェーダの体質についてお話させていただきました。次回、アーユルヴェーダの食事法についてもお話させていただきます。お楽しみに❤️

アーユルヴェーダの万能オイルギーの紹介の記事はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました