バンクーバーから行けるソルトスプリングアイランンドの魅力 第2章

Vancouver Canada

バンクーバーからフェリーや水上飛行機で行けるソルトスプリングアイランド。前回のブログは第1日目の記録、今回は2日目のご紹介をさせていただきます。

ソルトスプリングアイランドの魅力2

2日目に行ったお店や場所をご紹介します。

Rock Salt Restaurant & Cafe

2日目のブランチに行ってきました。ここは、ビクトリアとつなぐフェリーターミナルの目の前にあるレストランです。ここでソルトスプリングアイランド産のMussels(ムール貝)が食べられるとのことで行ってみました。私たちが着いた時間は10時45分。まだBreakfastメニューでした。ランチは、11時半からです。ランチメニューからMusselsが食べることができるので、とりあえず、朝食を1つ注文して11時半になってからMusselsを注文することにしました。

Rock Salt Restaurant & Cafe
朝食。結構な量です。

Salt Spring Island Cheese

チーズ屋さんです。さすがハンドメイドが盛んなエリア。チーズも手作りでとても美味しかったです。そして、見た目も綺麗!バンクーバーに住んでいる方はぜひお土産の一つとして持って帰ると喜ばれると思います。もちろん、味見ができます。

Garry Oaks Estate Winery

ここのワイナリーは、ここのワインで使うすべてのぶどうはここから来ているそうです。通常、ぶどうが足りないからと、オカナガンのぶどうをミックスしたりするところが多いですが、ここのは、100%ソルトスプリングアイランド産ですね。試飲は$5で、ボトルを買えば試飲代がタダになります。

Fish Market shop

Fish Market shop

本日のソルトスプリングMusselsやOystersは売り切れていましたが、ソルトスプリングアイランドならではのFishや缶詰が見つかると思います。

Oystercatcher Seafood Bar & Grill

ここには、生牡蠣を食べに来ました。また、ローカルのラム肉を使ったハンバーガーもソルトスプリングアイランドでは有名みたいです。両方食べちゃいました。港沿いでヨットを見ながら、また生ミュージックも演奏されていました。

ふたたびRock Salt Restaurant & Cafeへ

美味しすぎてクラムチャウダーを食べにディナーの後に来ました。サーモンや野菜などとても具沢山でした!

Rock Salt Restaurant & Cafe

ソルトスプリングアイランドからバンクーバーへ帰る方法

最後に行ったRock Salt Restaurant & Cafeはビクトリアまでのフェリー港の目の前にあるため、何気なく見ていたら、ちょうどビクトリアまでのフェリーが出るとこ。諸事情により泊まるところがなかった私たちは、それに乗ってビクトリアまで行くことにしました。運がよければ、最終のバンクーバー行のフェリーに乗れます。

ソルトスプリングアイランドからビクトリアへは、フェリーの代金は無料です。小さいフェリーで小さいラウンジがあるのみでした。

フェリーのデッキで、さっき買ったクラムチャウダーを食べました。

まとめ

ソルトスプリングアイランドは、小さい自然豊かな島です。車で走っている途中何度も鹿を見ることができました。(運転は気をつけてください)また、ファームスタンドも多くあり、それぞれ異なるものが置いてあるので、ぜひ新鮮な野菜や果物を見てみてください。ソルトスプリングアイランドでしか出来ない発見が見つかるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました