8年以上使い続けている保湿効果の高いシアバターがすごい理由

美容・ケア

乾燥が気になる季節になってきましたね。シアバターの保湿効果は本当に抜群なんです!

シアバターって保湿効果が高いことで有名ですが、それだけじゃないんです!

8年以上シアバターを愛用し続けている私が、シアバターがなぜすごいのか教えちゃいます!

シアバターとは?

シアバターはシアーバターノキの種子から作られ、主にナイジェリアマリブルキナファソガーナ、コートジヴォワールで生産されている。

シアバターの成分のほとんどはステアリン酸オレイン酸で、トコフェロールカロチノイドトリテルペンも微量に含まれる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83%BC

ステアリン酸・・・シャンプーなどに入っている界面活性剤によって肌のバリア機能が低下した肌を改善してくれるものです。

オレイン酸・・・皮膚の水分含有量を増やします。

シアバターの効果

シアバターは馬油とともにとても万能オイルとして知られています。

日焼け止めとしての効果

シアバターには保湿効果だけでなくて、紫外線から肌を守る効果もあります。主にシミ、そばかすの原因となるUVB波を防ぐ効果もあるようです。ただし、たるみやシワの原因となるUBA波に対する効果はあまりないようなので、日焼け止めは必ず塗るようにしましょう。

シアバターを塗ることで乾燥を防いでくれるので、日焼けによる老化を起こさせにくくすることが考えられます。

YukaChin
YukaChin

私はこの日焼け止め効果と抜群の保湿効果で使用し続けています。

ポイント

保湿効果、日焼け止め効果、そして肌への吸収率が高いのでとても使用しやすいです。

実際使用したことのあるシアバターをご紹介

これは、大人気のロクシタンのシアバターですね。誰でも一回は見たことのあるパッケージなくらい超有名ですよね。持ち運びも便利なので、なんども使用していました。

おすすめ記事:大人気ロクシタン商品のおすすめベスト5

このママバターは、妹がアトピーで苦しんでいるときに母が大量買いして使用していました。乾燥は良くなっていたと思います。10年くらい前にもあった商品なのでロングセラーで愛されている商品ですね。

シアバターを使って保湿クリームを作っちゃおう!

シアバターって本当は簡単に作れちゃいます。

しかもエッセンシャルアロマオイルを使えば自分好みの匂いの保湿クリームが作れちゃいます。

用意するものは簡単です。

✔︎ 容器(100均一で買えます)

✔︎ シアバター (精製 or 未精製)

✔︎ アロマ(お好きな物)

精製シアバター

未精製シアバター

エッセンシャルオイル(ラベンダー)・・・リラックスしたいときの定番の香り。

エッセンシャルオイル (ユーカリ)・・・鼻が詰まっているとき、リフレッシュしたいときにおすすめ。

シアバター:精製と無精製の違い

シアバターは、精製タイプ未精製タイプが売られています。

精製タイプは摂取したシアバターを精製しているので、酸化を促す成分や不純物が取り除かれた物です。見た目は白く匂いもほとんどありません。

精製することで成分が安定するので、長期保存することが可能です。

一方で、未精製タイプは油脂を摂取したそのままの状態のもので少し黄色い色をしています。また、においも独特な匂いが少しします。精製しないので薬品を使用しないので、自然のまま使用することができます。

簡単!シアバター保湿クリームの作り方

シアバターが固形で固すぎるものでしたら、固形を容器に入れて湯煎で少し溶かすといいかもしれません。

シアバターは36度で溶けますので、季節によっては常温で保存しておけば解けるでしょう。

湯煎に溶かして冷ましたら、お好みのエッセンシャルオイルを入れるだけです。

シアバターが柔らかかったらそのまま容器にいれて、エッセンシャルオイルを入れるだけで使えます。

まとめ:シアバターで保湿クリームの作り方

シアバターって自然なものなのに効果が高く、安全に使用できるクリームです。感触としては最初ベトって感じるかもしれませんが、肌への吸収力がいいのですぐにさらっとします。

朝、顔へ下地として使用する場合は、早めにシアバターを塗ってしまって、歯磨きや着替えをすまして、化粧を開始するのがいいと思います。シアバターを塗ることで化粧崩れもなくなるので大変重宝しています!そして、日焼け止め効果も少しだけあるので塗ると日焼け止めとダブルで効果が発揮してくれるのも嬉しいですよね。

市販のシアバターも使いやすいですが、手作りも簡単にシアバタークリームができてしまうのでぜひ試してみてくださいね。


タイトルとURLをコピーしました