馬油がスキンケアに効果がある理由

美容・ケア

「何を使っても肌が改善しない」「高い化粧品はそれなりに効果があるけど、お金が続かない」

そんな悩みはありませんか??

20代の頃の私がそうでした。いろいろ試しました。佐伯チズさんの本も読みまくりました。しかし、私の弱った肌は20代の時には弱い(アレルギー肌、乾燥肌)ままでした。

そんな私を救ってくれたのが安価なのにすっごい効果がある馬油です。馬油は、馬の皮下脂肪を原料とする動物性油脂のことです。馬油って、芸能人のIKK♥さんもだいぶ前からお勧めしています。

YukaChin
YukaChin

私も10年以上愛用しています。

なぜなら馬油の効果がすごい!!!からです。

馬油とは?

馬油は「オレイン酸」「リノール酸」「リノレイン酸」など、効果の高い脂肪酸を含んでいます。なんと、400年前から皮膚治療として活用されているんです。

馬油は、人の皮脂とよく似た性質を持っているので、浸透性が高く、保湿や保護に優れています。

さらに、肌への浸透力も高いので、化粧水を使用する前に、適量を顔に塗ると、化粧水の効果を上げてくれるでしょう。

馬油の効果

天然の成分なのに、高級化粧品に負けない効果を持つ馬油。そんな馬油が具体的にどんな効果を持っているかご紹介していきます。

高い浸透力

馬油を肌にのせると、最初はベトっとしているのですが、数分おくと、さらっとしていきます。これは、馬油の浸透力の高さによるものです。

馬油は人間の皮膚にとても近い性質を持っていますので、皮膚の隙間に馬油が浸透して、細胞の間に皮脂が満たされ、潤った状態になります。これにより、水分の蒸発を防いで肌本来の保湿力を維持できるのです。

さらに、外部からの刺激を防いでくれます。バリア機能も持ち合わせているのです。

抗酸化・殺菌作用

もともと馬油は、火傷によく効くとされ古くから使用されてきました。ダメージがある肌に馬油を塗ると油膜を作り、傷口と外からの菌の侵入を防いでくれます。空気を追い出しながら、活性酸素が過剰発生するのするのを防止し、抗酸化作用が働きます。また、すでに傷口についてしまったばい菌も保菌効果を発生し、身体の内部の侵入を防いでくれます。

このように馬油は、雑菌の繁殖を防いでくれお肌を正常に導きます

炎症を沈め、熱を取り去る

馬油には、炎症や熱を抑える効果があります。

日焼けしすぎてしまった肌にも馬油を塗ると炎症を沈め、肌のターンオーバーを早めて肌の回復を促進してくれます。

保湿効果・血行促進

馬油を肌に塗ることは、油膜を貼ることです。これは、保湿効果を生み出します。さらに馬油の「リノレン酸」という不飽和脂肪酸の一種が血液循環が促進してくれます。マッサージに馬油を使うと一石二鳥の効果を生み出してくれます。

馬油のサイド効果

馬油は天然成分なので、身体中どこでも使用出来ます。

クレンジング、化粧下地、唇・まつ毛ケア

馬油は、保菌効果があるので、皮脂の余分な汚れを取り除いてくれます。また、保湿効果が高いことから、化粧下地としても使用可能です。馬油を塗ると、乾燥対策はもちろんのこと、シワやしみを目立ちにくくする効果もあります。また、洗顔パックにも使用できます。

まつ毛に塗ると、まつ毛の抜け毛防止や、育生に効果があると言われています。

頭皮にも使用できる

馬油の保湿効果、血行促進効果により、頭皮に塗ることで様々の効果があります。保湿、抗菌作用により、フケ対策にも役立ちます。また、頭皮の乾燥でさまざまの髪のトラブルを生み出すことから、しっかり馬油を塗って頭皮の乾燥を防ぎましょう。また、毛先に塗ることで、切れ毛などの防止にもつながります。

革製品の保湿として

愛用の革製品、革靴などがありましたら、馬油はお手入れ道具の一つになります。馬油は自然成分なので、自然から出来ている革製品とは相性がいいのです。

まとめ

馬油はナチュラルなのに、肌の効果が抜群に高いと言われています。馬油そのものは結構ベタベタとしますので、馬油入り化粧品を使用することがお勧めします。馬油を使用して、肌の老化現象を少しでも防ぎましょう。

【KUMAMOTO】初回限定お試し3,600円!


タイトルとURLをコピーしました