[お肌すべすべ] 夏でも入浴することが大事な理由

美容・ケア

夏だからといって、シャワーだけで済ませたり、クーラーが効きすぎる部屋にずっといませんか。冷え性になる可能性があります。

シャワーだけでは体温も十分に上がらず、入浴がもたらす温熱効果が発揮されません。その結果、血液が循環しにくくなり疲労回復がみこめません。

入浴には、主に3つの作用があります。

温熱作用

お湯に浸かると身体は温まります。「全身浴」がおすすめ。

身体が温まると皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり、血流がよくなります。血液の流れがよくなると、体内の老廃物や疲労物質の除去され、身体のコリが取れます。さらに、内臓の働きを助け、自立神経をコントロールしやすくなります。腎臓の働きも良くします。

これらの効果は、「全身浴」のほうが断然効果が出ます。

芯からしっかり温め、冷え・疲れをケア【プレミアムホットタブBIO】

水圧作用

湯船に浸かるので、身体は水圧を受けます。この圧力は、足に溜まった血液が流れ出し、心臓の働きを活発にし、血液の循環を良くします。

浮力作用

仕事のストレスなどであなたの身体の状態が興奮状態にあることきは、「交感神経」が優位の状態にあります。お湯に全身浸ることは、副交感神経を優位な状態にさせてくれる手段でもあります。

みなさんも感じたことがあるはず、お湯に浸かると「気分がリラックス」です。お湯の中では、体重は約9分の1程度になり、普段体重を支えている筋肉や関節の緊張が緩みます。その緊張からくる脳への刺激が減少するということになります。

すべての女性と赤ちゃんのために【プレミアムホットタブ重炭酸湯BIO】

おすすめの入浴方法

温度は「40度」がおすすめ

少しぬるいと感じる程度が交換神経から副交感神経に切り替わるタイミングでしょう。あまり熱いと、のぼせやヒートショックなどの危険性もあることから、少しぬるめの温度で10〜15分の入浴時間を心がけましょう。

全身浴がおすすめ

全身浴で肩まで浸かることをおすすめします。先ほどもご紹介したように、浮力作用の効果が十分発揮できます。身体の隅々まで血液を送ることができれば、温熱効果もアップします。

入浴剤を使用する

「炭酸系」の入浴剤をおすすめします。炭酸は、皮膚から直接吸収されて血管を広げ血流を改善させます。

YukaChin
YukaChin

入浴と炭酸系の入浴剤を同時に使用することは、ダブルの効果で全身の血流を良くしてくれるのですね。

すべての女性と赤ちゃんのために【プレミアムホットタブ重炭酸湯BIO】

いつ入浴するのがおすすめ?

なんとメンタリストD⚪️⚪️Goさんが、yotubeでアップされていました。寝る前の1時間から90分前がベストそうですね。

まとめ

このように、夏でも冬でも入浴するということには、身体や心へのメリットがたくさんあります。そんな身体が良い状態の時に、さらに肌にいいことをすればその効果も上がるでしょう。

入浴の質を高め内から生き生きと輝くあなたへ【プレミアムホットタブBIO】

タイトルとURLをコピーしました