アラフォーのシンプルスキンケア

美容・ケア

歳をとるとシミやシワ乾燥、、、などたくさんお肌の悩みが出てきて、たくさん化粧品を試してみたくなりますよね。アラファーになった今でも20代の頃からずっと愛用してきているスキンケア商品があります。

それが馬油(バーユ)です。

馬油はナチュラルなので、全身に使えて、さらに口に入れても安心です。

私は、これと数本の化粧品のみなので、洗面所がとってもシンプルで旅行に行く時でも荷物が少ないです。

なぜ馬油が良いのか

馬油は、「オレイン酸」「リノール酸」「リノレン酸」などの効果の高い脂肪酸が多く含まれています。400年前に中国で発見されてから、皮膚治療の民間薬として使われてきました。

馬油は、人の皮脂とよく似た性質を持つので馬油と人の肌の相性は抜群です。よって、馬油の浸透性が良くなり、保湿・保護の効果が上がり皮膚の健康維持につながるのです。

馬油の使い方

クレンジングとして使う

もう特別にクレンジングを買う必要はありません。

家に帰ってきたら、顔に馬油を塗って、軽くくるくると汚れを馬油に付着させるようにし、あとはティッシュで軽く拭き取るだけです。顔を濡らす必要はありません。

洗顔をしすぎると乾燥の原因になります。

※顔を洗うのは1週間に1回ほど。

パックとして使用

湯船に浸かる時に特別に洗顔パックをしたい時がありますよね。

これに馬油を使うことが出来ます。

馬油にはたくさんの栄養が入っています。

これを皮膚に浸透させるように顔にのせていきます。

馬油をのせる前に、余分な水分は取っておきましょう。

特に洗い流す必要はないので、気になるようでしたら、ティッシュで拭き取りましょう。

火傷・肌荒れなどの部分的パック

馬油は、上で説明したように、皮膚を正常に戻そうとする働きがあります。

火傷の民間治療として使用されてきたのは、なんと400年以上の歴史があるのです。

実際に私も軽い火傷をした時に、厚めに馬油を塗って数時間放置したことがあります。

この馬油は日本で一番最初に作られた馬油です。一番長く使用されている商品ということになります。

唇、毛先ケアに

口に入れても安心な馬油。夜寝る前の唇ケアとして使うと、翌日には、プルプルの唇が手に入るでしょう。また、傷んだ毛先にオイルを少量塗ることで、ツヤがでて綺麗な髪を維持できるでしょう。

発売から50年近く愛されている馬油、ソンバーユ

ソンバーユは、発売から50年近く愛されているロングセラーアイテムです。私も10年以上使用しています。ソンバーユは、100%の馬油のみだけ使用されているので、無添加で赤ちゃんにも使用可能です。

注意点

馬油は油ですので、冷所での保管が必要になります。真冬以外は冷蔵庫の保管をお勧めします。もし、臭いなどが気になってきたら、かかとや肘に塗ったりするのがいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました